« January 2006 | Main | March 2006 »

February 28, 2006

携帯のカメラ

最近いろいろと携帯電話のカメラで写真を撮っている。

機能も捨てたものではない。
使い捨てフィルムカメラの代わりなんて言ってますが、
なんのなんの機能満載の立派なカメラなのである。

で、先日は流し撮りに挑戦。
『流し撮り』とは動く被写体に合わせてカメラを動かして
被写体以外は流れて被写体のみにピントが合うというもの。
スピード感を出す為に乗り物や動物を撮る時に使うといい。

カメラを動かしながらシャッターを切るのだが、なかなか
難しい。 上級テクニックである。

今回は息子を連れて良く行く須磨の水族館でサメを撮ってみた(笑)

さすがにシャッタースピードは自動なので何度かシャッターを
切ってみないとダメだが、そこはデジカメ、数枚撮ってすぐに
確認できるのがいい。

060225_14340002
au携帯電話CASIO G'z One 付属のデジタルカメラ レンズモード:ワイド5 補正値:-2  ホワイトバランス:日陰モード
一応流し撮りって感じでしょ(笑)

サメの素早い動きが結構良く出せているかと思うけど。

いやいや、携帯のデジカメも使えるよ。
ワイドモードが結構良いけど、もっと広角が撮れたら言う事ないんだけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 27, 2006

あっぱれ!

終わったねえ。

今日はテレビで総集編でも見よう。

しかし、メダルは1個だったけど、それ以上のものも
いっぱいあったね。

荒川がメダル取ってもう終わりみたいな報道されてた
けど土曜日の深夜にテレビにかじり付いて見たさ。

皆川が素晴らしい滑りしたね。
鳥肌立ったよ。

佐々木は残念だけどまだ4年後がある。

湯浅の二回目の滑りも最高だった。
思わずテレビの前でガッツポーズしたもんねえ(笑)

日本のスラロームのレベルが高いのを証明したね。

20060227-00000000-maip-spo-

個人的には47位にとどまった生田だねえ。
先日自分のことで旗門不通過だったらそこまで登って
滑り出すって言ったけど、オリンピックとかワールドカップ
では見たことがなかったけど、彼は1本目、2本目とも
ミスったけど、登って完走したんだ。 記録として残る
からね。 ちょっと感動した。


ああ、遊びでもいいからまたポール立てて滑りたい。

どこぞのレースにこっそり出てみようかな(笑)
一応まだスキークラブに席はあるので可能なんだが・・・


まあなんにしても今回のオリンピックは荒川だね。
感動したよ。 ほんと、救世主って感じ。
久々に涙が止まらなかったねえ〜

20060227_524_450

 


| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 24, 2006

ゴ〜ルドーーー!

頑張って早起きして良かった。

素晴らしかったね。

おめでとう! 荒川!

arakawashizuka

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2006

エクアドルってどこや?

南米の上の方? 

中米? 中南米?

まあその辺の国である。

日本のちょうど裏側に位置するその国。
物価も低くて生活水準も低い。

内紛や戦争がたえない上に観光スポットもない。
はっきり言って日本人とは関係ない国である。

そんな国と仕事をしなければならないのだから
リスクも大きいよなあ。 

僕は帽子のメーカーで仕事をしてるのでこの国
の唯一の世界的な産業を助けている。 

パナマ帽子である。

聞いたことはあると思うけど、中南米にしかない
ヤシ系の木の葉を編み編みしたものをパナマと言う。

日本ではなんでもかんでもパナマ帽と言うが、実際は
偽物がほとんどで、本物は少なく高価である。

まあそんな材料を輸入して、日本の匠的な職人が
帽子に作り上げるのだ。 まさに地球の表と裏の
合体・・・意味不明(汗)

まあ素材は素晴らしいのだが、人種は日本人とは
ほど遠い。 我々の常識は何一つ通用しないのだ。

昨年のこの時期には抹殺リストのトップに躍り出た
エクアドル人だが、今年はどうか・・・
そろそろ荷物が着く。 何割くらい使えるかだな(笑)

写真はとあるエクアドルのl会社概要の写真。
こうやって道端でおばちゃんが編んでいる。 
細い素材だと2〜3日で1個できるかできないか。
先進国ではできません。 あと何年こーゆー素材で
もの作りができるのかなあ。 良い物は急激に減ってます。
年々このパナマの質も落ちてきています。  

PANAMA002

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 22, 2006

アルペン競技

トリノオリンピックは見てて楽しい。
日本人は残念な結果が多いけど、いろいろと
ドラマがある。

個人的にはやってたってこともあってアルペン競技に
釘付けである。

怪我から復活とかそーゆーのに弱い。
ってか、凄い精神力だと思う。

スーパー大回転の金メダリストはノルウェーの
オーモット。 34歳よ。 僕が競技やってた頃から
強かったんだからねえ。 まだやってて、しかも金
だからねえ。

写真は僕がスラロームに出場した時のもの。
若いねえ〜(笑) ピチピチだわ。
ん?このワンピースはどこ行ったんだ?

ski01

ゼッケン順にスタートする訳で、ポイントが低い
僕なんかは当然後ろの方からのスタートである。
雪面はエグレてとてもじゃないけど普通に滑れる
ようなバーンでは無い。

そーゆーところで頑張って完走して、とりあえず
ちょっとでもポイントを掴む。 それでちょっと
ずつ上に上がって行くと言うとてつもなくアンフェア
なスポーツだ。 その日の調子で一発逆転ってのが
ほとんど無い競技なのだ。 

これほど不公平なリアルスポーツも無いよなあ〜って
やってた頃はマジで思った。

当然凄い確率でコースアウトや転倒、旗門不通過なんて
ことが起こる訳で、オリンピッククラスになると当然
そんなことになったら棄権である。

でも僕等のレベルではそれでも完走してポイントを
もらわないとアカンのだ。 いったい何回山を登ったか・・・
板が外れて飛んで行ってもダッシュで拾って登って
ハメてそこからまた滑り出す。 根性あったなあ(笑)
真剣に勝負してたよなあ。

だからオリンピックを見ていて30番以下のスタート順から
上位に食い込む人は凄いと思う。 同じ条件なら間違いなく
優勝だろうなあ〜って思うことが多い。

どんなスポーツにもフェアってのは無いからね。
自分に与えられた環境でベストを尽くす。 見る人が見れば
分かるんだから結果より内容だ。 でもスポーツは勝敗が
すべてとも言うのでメダルにばっかり固執するオリンピックは
選手にとってとても辛い舞台だと思う。

最終日のスラロームには日本期待の佐々木が出る。
攻めのスキーで一発土肝を抜いて欲しい。 

| | Comments (2) | TrackBack (1)

February 20, 2006

今年最初のレースは・・・


euro02

いろいろ考えましたがとりあえず3/19の
ユーロカップ初戦は参戦しようかなと。

思い起こせば昨年の同じレースは雪の中だった。

神様が味方してくれて奇跡の表彰台。

あれから一年かあ・・・・

早いものである。

今年は個人的にレース活動を縮小しようと思ってます。
やめるんじゃなくて、いろいろあってちょっと縮小。

来年か、もっと先かも分からないけど大きな目標も
あるしね。

さあ、3/19だよっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2006

うどん

久々にランチネタである。

が、うどんだ(笑)

早々に空港見学をあきらめたので簡単にすませる
ことができるランチである。

ちょっと前に出来てからず〜っと気になっていた
うどん屋があった。 店構えがなんとも奇妙な感じ
で、ちょっと躊躇していたのだ。

060216_12170001

『饂飩』って漢字で書くか??
しかも店の名前がこんなに大きく「小麦の実り」ってちょっとねえ。

でも気になっていたので思い切って入ってみた。

店内はそれなりに活気はあって(お昼時だからか?)
相席用の8人テーブルとブースがいくつかあって
手打ちをしているところも見えるようにガラス張りに
なっている。

でもインテリアに煩いオレとしてはなんか殺風景だと
思った。 せっかくの空間を生かせてないなあ〜と。
音楽もその時はタイタニックがかかっていて、なんか
ちょっと寂しくなる店内だった。

まあでもうどん屋にカフェのようなものを期待しても
しょうがないのでうどんに活路を求めた。

品目は普通だ。 初めてのところでは僕は冷たい
うどんを食べる。 ランチメニューから「ぶっかけ定食」
600円を頼む。 鮭、梅、こぶ、の中から好きな
おにぎりを一つ選ぶ。 それとぶっかけうどんだ。
大盛りは150円増し。

とりあえずデフォルトでオーダーする。

しばし待たされて運ばれてきた。
おにぎり、OK。 おいしい。

で、うどんはと言うと、美味しかった。
期待してなかっただけに美味しかった。

器もシャレていて、殺風景な店内からは想像も
つかない料理だった。

隣に座ったおじさんが天ぷらぶっかけ(900円)
を頼んでいたんだが、すごく美味しそうな天ぷら
だった。 なんて言うか、凄くサクサクって感じで。
まあ安いので冷凍だろうけど、あれだけ美味しそうに
できれば十分だ。

僕の頼んだぶっかけも見た目も味もGOOD!
また行こう。

今度は暖かいのを食べてみよう。

060216_12080001

| | Comments (3) | TrackBack (0)

空港

が出来た。

昨日開港である。
神戸に空港とな。 しかも会社から車で10分。
便利になったなあ〜と、昼休みに何気なく見に行くも
橋の手前でUターン(笑)

ってか、なにも考えずに行ったけど、そりゃ〜
1日目なんて激混みなのだ。

ちょっと考えれば分かるんだがちょっとアホ?

もうちょっと落ち着いたら見に行こう。
来月の東京出張は飛行機で行ってみようかな。

関空や伊丹に喧嘩を売っているのか、搭乗者は
駐車場が無料! 連絡橋はもちろん無料。
やるじゃん、神戸!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2006

CACAO SAMPAKA

昨日貰ったチョコで興味深いのがあったので・・・

060214_21420001

カカオ・サンパカって言ってスペインの有名な
チョコレート専門店だ。
ちょっとした知人が脱サラしてココの代理店を
してるのだ。 今は百貨店の中でチマチマ
売っているが、そのうち神戸に日本第1号の
路面店をオープンするのが目標だと。

貰ったのはカカオ71%のものだが、
100%のもあるらしい。

うーん、チョコレート専門店・・・・
スペインかあ。

上手く行けばいいのだが。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2006

バレンタイン

会社の女の子などから頂いた。
ありがたいものである(^^)

取引先の担当者からも送られてきたりした。

これまた嬉しいものである。

しかしこーゆーのは大事だよなあ・・・
元気のある会社はこの辺も活発だと思った。

もらって悪い気はしないし、ありがとうって
言われるとあげた方も悪い気はしないだろう。

こうやって良い仕事環境が形成されて行くのだ。

060214_18010001取引先のいつもはキツいこと
ばっかり言う女性が
「いつもありがとうございます」
の走り書きとともにチョコを送って
きてくれる。

単純かも知れないけど、純粋に嬉しいしね。
がんばってあげようって思うもんね。

今朝のニュースでOLの半分以上がバレンタイン
なんて無ければいいのにって思っていると言う
のがあった。

あげたくなけりゃあげなかったらいいと思うが、
大会社はそーゆー訳にはいかんのか???
もらう方もそんなふうに思っているヤツからは
もらいたくないしねえ。

朝から寂しいなあ〜と思ったけど、出勤してちょっと
救われた気分だ。

職場作りもそうだけど、大所帯になるといろんな
人がいるからねえ。 やっぱ小さい職場がいいよ(笑)


で、家庭円満の為にもこーゆーイベントは大切なので
この日の為に嫁さんの好きなブルゴーニュ地方の赤ワイン
を買っていたのだが、なんと先日のスキー場で野郎3人で
飲み干してしまったのだ(汗) 

写真がそのワイン。 それとなくカップル用っぽいでしょ(笑)

sj211-3

カベルネ・ソービニオンに比べて飲みやすいと嫁に人気の
ピノ・ノワール種のブドウだ。 

実際、色は浅かったが美味しかった。

ヤバイ、今日は買って帰らんとアカンなあ。
ワイン屋が開いてるうちに帰れるだろうか・・・・


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 13, 2006

初滑り〜スキージャム勝山〜

sj211-2

1泊2日でスキーだ。
友人のコネクションでゲレンデサイドの
東急ホテルを確保してもらったのだ。

ありがとう、佐藤さん!

土曜は日帰り組も合わせて結構の人数だったのだが
天気がねえ〜・・・・

視界がほとんど無いくらいの雪だったのであんまり
滑れなかった・・・ってか、翌日は朝から晴天で夜のうちに
降った新雪がいい感じでリフト待ちも無く最高だった
だけに土曜の日帰り組には悪いなあ〜と思いました。

つづきさん、すまんが日曜は最高だったよ(^^)/

ホテルの夕食バイキングはまずまず美味しかったので
またもや食べ過ぎ。 動けなくなる程食って飲んで・・・・

sj211

写真は夕食の時にゲレンデに浮かび上がった火文字。
結構いろいろと趣向を凝らしている。

部屋に帰っても宴会は続き、3人でワイン3本を飲み干した。

エエ感じでモーグルの予選を観戦しながら、決勝はさすがに
見れないよなあ〜なんて言っていたのですが、スゲー体内
時計を持つ松村氏が3時に我々を起こしてくれたのだ(汗)

ってか、マジで起きるか?

食べ過ぎ飲み過ぎでまさにノンレム睡眠真っただ中だった
オレには結構キツかったさ。

なんなんだ?いったい・・・

まあでもそのお陰でライブで決勝を見れた訳で、愛子ちゃんの
コークスクリューも凄かったね。 個人的には里谷のあの前に
回るエアが凄いな〜って思ったねえ。 

で、またまた7時に松村さんに起こされて朝食バイキングに
行く。 なんて健康的(?)なんだ・・・・

で、ゲレンデに繰り出そうとしたら松村氏の腰に違和感が・・・

夜中にモーグルの決勝を見ながら、「明日はモーグルやで〜!」
と勇んでいた面影は無く、寂しそうに「オレ、今日はやめとくわ」
と(笑) や、笑ってはいけない。 

しゃーないので中尾と2人でしこたま滑って午後にはスキー場を
後にしたのだ。

個人的には充実したスキー旅行だっただけに2日目の松村氏の
故障は残念だった。 お大事に。 やっぱ日頃の行いだ(笑)
もう若くない・・・ 今後はトレーニングと軽量化だな。

や、でも僕も気を付けようと思ったのでした。。

滑り自体は当然オレも20代の頃のようなキレはない。
やっぱ日頃のトレーニングだな。

とか言いつつ、帰りは越前蕎麦食べて車内ではスナック菓子を
バリバリと(笑)

楽しかったしまた行きたいね〜

sj211-4

写真は福井の西村屋の田舎風おろし蕎麦。


| | Comments (5) | TrackBack (0)

February 10, 2006

冬の祭典

italia

いよいよですねえ〜

スポーツ中年としてはかなり興奮しますねえ(ワクワク)

自分がやってたからだと思いますが、やっぱ
一番気になるのがアルペンですねえ。

04181373

佐々木選手。 なんでも50年振りとかのメダル獲得の期待が
かかっているようです。

週末にはさっそくモーグルなどの競技があるようで
スキー場のホテルのTVで観戦したいと思います(^^)


で、聖火の最終走者がまだ内緒なんだって?
誰だろね。 あんまりもったいつけると逆効果だと
思うんだけどねえ〜

まあ個人的にはイタリアの冬の英雄と言えば間違いなく
アルベルト・トンバですねえ。

僕が競技をやってる時にはまさに不動のチャンプでした
から。 

トンバに憧れロシニョールの7SKにラングのレーシング
ブーツ、スコットのワールドカップレーサーにインヴィクタ
のプロテクターで武装したんだよねえ。 

気分はトンバでしたが完走経験はほとんど無い(笑)


今、愛車でサーキット走っていて思うのですが、スキーと
良く似ているなあ〜と。

ゲレンデですごく上手で検定1級とか持っていても競技で
旗をくぐれってことになると間違いなく最下位争いだ。
僕もそこそこ行けるかな〜なんて思ってトライしたんだけど
曲がれなかった・・・・

や、ほんと、曲がれないのよ(笑)

シュテムターンみたいになっちゃってノロノロ運転。
道具が良いだけにめっちゃかっこ悪かったよ。

車も一般道や峠では結構自信あったけど、サーキットでは
最初は曲がれなかったもんなあ。

まあ最初から上手くできないから熱中できる訳で、僕に
とってスキーってのはある意味挫折を経験した唯一の
スポーツって感じかなあ。

やっぱなににおいても練習ってのは大事です。

日本選手のみなさん、がんばって下さい!!

minakawakentaro

皆川!! 佐々木に負けるな!

shimizuhiroyasu

清水!! オレはお前が好きだ! 加藤に負けるな!

haradamasahiko

ここ一発の爆発力を期待してるぞ原田!

ski_snowboard01

メロ! 童夢に続け!

arakawashizuka

そして荒川、イナバウアで感動を呼んでください!

ほかにもいっぱいいっぱいいるけどみんな頑張れーー!!


余談ですが、出勤前にファミマでお茶を買ったのですが、
オリンピックにあやかってイタリアンフェアみたいな
ことをやってました。 まあパスタやピザなんてのが
ド〜ンと陳列されているのは分かりますが、イタリア
国旗のマークが付いたおにぎり・・・

よく見ると、『オムライスおにぎり』??

オムライスってイタリアンなのか?

極めつけは、『ペペロンチーノおにぎり』!

確かにイタリアンだけど・・・・ どんな味だ?
ニンニクと鷹の爪、でもってオリーブオイル?

ありえません。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 08, 2006

ブリザ〜ドブリザ〜ド♪

オフィスで仕事を無理矢理終わらせ、上司から「検算したのか?」
と言われつつ会社を後にして、自宅ガレージで愛車のタイヤを
スタッドレスに交換する。 

スキーを車のキャリアに積む。

エンジンをかけた後、カセットをカーステに入れると流れ出すユーミンのサーフ天国スキー天国!


スキー行きたーーい!!


ってか行くのだ!
今週末、スキージャム勝山に1泊2日。
家族は放置して友人達とスキー三昧。
ああ、久々に思いっきり滑れるぞーー!

スキーっていつまでたってもワクワクするよねえ。
なんでだろ?

冒頭はとある映画のオープニング。
これ見ると気分は高まるんだよなあ(笑)
今日はワックスかけるぞー!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 06, 2006

102センチ!

btf125

ひとつの区切りと言う感じで設定された高さである。

なぜ102センチなのか詳しくは知らないが、それ以下は
ダメだと言う事だ。

とりあえず買った年間パスもあるので息子の平日の遊び場と
なっているUSJ。 

息子は身長が100センチなので、あとちょっとである。

あとちょっとでデロリアンに乗れるのだ(笑)

毎回ダメ元でゲートまで行く。

で、身長測定・・・・ 「あとちょっとなんですけどねえ〜」
と、やんわり断られること数十回(笑) とても残念そうに
目に涙を浮かべたりすると出てくるこのカード!!

『身長が102センチになったら最優先でご案内カード』

である。 本当に往生際が悪く、粘らないと出てこないこの
カード。 息子の演技にも磨きがかかって現在3枚(笑)

スパイダーマンも102センチなのだが、ここの検査員は
なかなかシビアらしく、このカードを出さない。 しかし
存在はするらしく、粘りが足らないのか・・・

昨日は寒かったが天気が良かったので僕も一緒に久々に
USJに繰り出した。 ダメ元でスパイダーマンに行く。

身長測定・・・・ 「あとちょっとなんですけどねえ〜」

やはりダメか・・・

とりあえずターミネーターでお茶を濁し、今度はデロリアンに
挑戦だ(笑) すると検査官が大人しそうな女性だった。 

ん?これはチャンスだぞ! 

「微妙に背伸びをして頑張れ!」とのオレの言葉に
思いっきり背伸びをして周囲の爆笑を誘う(^^;

しかしその検査員のお眼鏡にかかった息子はOKをもらった
のだ! 

おお〜!こんなこともあるのか? 手の甲にOKのスタンプを
もらい、カードを提示、1時間待ちの列を尻目に最前列へ。

大喜びの息子と共にデロリアンに乗ったのだった。

 
一度スタンプをもらうとすべてのアトラクションで有効になる
のでスパイダーマンにリベンジである(笑)

堂々とスタンプを見せてゲート通過である。

僕個人的にはどうもあの手の乗り物には弱い。
デロリアンといい、スパイダーマンといい、気分が
悪くなるのだ。 子供はどうかな〜と思ったが、
大丈夫なようだった。 それより恐竜やマグマが
怖かったようで「もう乗らない」と目に涙を浮かべて
いたのが印象的だった(笑)

それでも結局朝から晩まで一日遊んだ訳で、記念すべき
デロリアン乗車記念日は幕を閉じた。

下の写真はUSJ内の数少ないテーブルサーブのレストランで
アイリッシュ系のパブの名物料理「オニオンディップ」である。
ビールのつまみに最高なのだ(^^)

onion0205


| | Comments (6) | TrackBack (0)

February 03, 2006

ISO

フィルムの感度のことである。

世間的にはほとんどデジカメなのでどーでもいいこと
であるが、フィルムカメラ好きとしては大切なのだ。

ISOの数字が低い方が写りは鮮明だ。

景色を撮るならISO50とかのフィルムを使ったら良いのだ。

何が良いかってのは専門的なことになるのでここでは
言わない・・・ って言うか、オレも良く分かって
なかったりする(笑)

で、一般的なのはISO100~400だ。

ISO400のフィルムは暗くてもそこそこ写るということで
一番需要が多いんじゃないかな。

僕も普段はコレを使ってます。


で、長い前置きだが、本題はココから。


先日、愛息子の発表会(ダンス教室)が西宮のアミティーホールで
ありましたとさ。 大きなイベントの出し物の一つで『キッズダンス』
って感じでした。

マイホームパパを演じるべくキャノンA-1に200ミリのレンズを
付けて出かけた。

で、会場に入ると・・・・・・

暗い!!!

僕の200ミリはF値4なのだ(涙)

これは困った・・・ 絞り解放でも1/15でしかシャッターを
切れない。 

ちょっと考えれば分かることだが、うっかりしていた。
ISO1600くらいのフィルムを入れてきたら1/60〜125くらいで
切れたのに・・・・ 

後の祭りである。

隣のパパがデジタル一眼でパシパシ撮っていたので不思議に思い
後で聞いてみた。

オレ「レンズ明るいんですねえ」
隣 「や、F5.6ですよ」
オレ「え? そんなんで撮れます??」
隣 「ISO値を思いっきり上げて撮ってます(笑)」
オレ「デジタルでもISOとかあるんですか」
隣 「ありますよー 一枚一枚変えれるから便利ですわ」
オレ「やっぱ銀塩はもうあきませんねえ」
隣 「私もFM2(ニコン)を愛用してましたが子供が出来てからはコレですわ」


そうかあ・・・・ やっぱデジタル一眼なのか。。。


帰ってヤフーで物色。
ああ、なんか違う・・・・

気がつけばFDレンズの300ミリF2.8の中古とかを物色していた(笑)

どうする、オレ?

デジタルは先日から購入を検討しているリコーのGRだけにして
銀塩で貫くか・・・ 

dance01

でも結局、携帯で撮ったこんな写真しか残らないことを考えると・・・・

ヨドバシでも行ってみるか。。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 02, 2006

福袋

昨日、なにげなくトリビアの泉っちゅう番組を見ていたら
福袋の中身を透視するという人をわざわざアメリカから
引き寄せて、元旦の百貨店に連れて行き、広告と全く同じ
商品が入っている福袋を当てさせると言うバカバカしい企画を
やっていた。

もし当たったら怪しいもんだなあ〜と思った。

結果は大はずれ(笑)

やっぱりと言うか、まあ当たり前だわなあ。

そんなこんなで昨日は福袋ってキーワードが僕の脳にインプット
されたようで、その夜福袋を買う夢を見た。

しかもどーゆー訳か、ホームセンターコーナンの福袋だ。

当然中身なんかわかるはずもなく、なにも考えずに5000円で
購入した。

今思えば買った時はすごく嬉しかった。
夢だからだと思うが、ワクワクドキドキで爆発しそうだった。

家に帰り、開けてみるとそこには、ネジとかペンチとか、
ビニール袋、梱包用らしきヒモ、花の種、ゴキブリホイホイ・・・・

他にもいろいろあったけど覚えてない。

その時、どー思ったとかはよく覚えていないけど点数が多かった
ので嬉しかったような気がする。

変な夢だった・・・・

疲れてるな、オレ。

寄り道して夜景でも見て帰るか。

kobe1


| | Comments (0) | TrackBack (1)

« January 2006 | Main | March 2006 »