« August 2006 | Main | October 2006 »

September 29, 2006

☆☆☆☆☆ホテル

Ntoo2

☆5つのホテルって最高だよね?

基準はなんなんだ??
誰か教えて!

「ググれ!」とか言うのはやめてよ(笑)

先週中国に出張だった。
行ったのは上海から車で4時間くらいの南通というところ。
途中揚子江をフェリーで渡る。

その南通に新しくホテルができたとのこと。
なんと☆5つだ。

これは泊まらなアカンと早速泊まってみた。

外装は遠目で見るとプリティーウーマンである。

思わず「スゲ〜」と声が出る。
恐るべし中国だ。

しかしロビーに車を付けたのにドアも開けなければ
荷物も持とうとしない・・・

なんでだ??

ベルボーイは一応いるのに。

まあいいけど。

広〜いロビーを歩いてフロントでチェックイン。
愛想が悪い。
なんだココ?

この辺から妙に気分が悪くなってくる。

でもってカードキーを受け取って部屋に。
分かるけどカードキーの説明とかは無いんか??

部屋まで荷物は運んでくれないのか??

結局一人でたくさんの荷物を持ってエレベーターで最上階へ。
これなら東横インと変わらんやん、、ってかそれ以下?

部屋はこんな感じ。
まあまあだけど、やっぱホテルはサービスです。

Nt0090

他にも気分が悪くなることが多数あった。
もう2度と泊まらない、、

あー中国出張はホテルでの時間だけが楽しみなのに。

ここで2泊を過ごし、最終日、上海のいつものホテルで
思いっきり羽を伸ばしたのでした。
終わり良ければすべて良し・・・・ でもないけど(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 27, 2006

ユニクロNY

ニューヨークにユニクロができるらしい。

Ucr01

考えもしなかったが、流行るかも知れない・・・・

凄いねえ〜

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 25, 2006

大投手

Osk200609230010

一部報道なんかで知っている人はいると思うけど、
23日に元阪急ブレーブスの投手だった梶本隆夫さんが
亡くなった。  71歳、癌だった。

お袋の親友の旦那さんだったので、小さい頃から家族
ぐるみの付き合いだった。   いつも野球の楽しい話を
聞かせてくれた。

オフには一緒に家族旅行したりと思い出もたくさんある。

中でも一番心に残っているのは、梶本さんが阪急の監督を
した年のことだ。
当時小学校生の僕を試合前の西宮球場のベンチに入れて
くれたりもした。 

 「グローブ持ってこいよ!」

と言われていたので張り切って少年野球チームのユニフォームを着て、
グラブをしっかり持ってベンチに入った。

試合前の練習時間に僕がグラウンドに入れる訳もなく、
ベンチの隅っこでプロの練習をじ〜っと見学していたら梶本さんが
見つけてくれて

「あ、ちょっとグランドに出て来て」

と、言われるままに出て行くとストレッチをしていた選手をつかまえて

「この子とキャッチボールをしてやってくれ」

と。。

当時阪急の不動の1、2番を担っていた箕田だった。
緊張しすぎて暴投してしまい外野まで箕田を走らせたのでした(汗)


残念ながら梶本さんが現役で投げてる姿は知らない。
引退が1973年だから僕が4歳だもんね。  でも引退試合には行った
記憶がある・・・    その後もコーチ、監督とずっと現場で活躍し続けた。
最後はドラゴンズの2軍投手コーチだった。  
彼は最後に今のドラゴンズの投手陣を育てたのだ。

弱小チームでありながら通算254勝は歴代9位の成績だ。
名球会で唯一負け越している投手である。  

254勝255敗。  

負け越しとは言え通算防御率も2点台。
某G球団などなら間違いなく300勝はしていただろう。

新人で開幕投手。  
本当に弱小チームだったんだなあ・・・・
投げない時は3番ファーストでスタメンに名を連ねたこともあった
と言うから打撃も良かったんだね。

未だ破られることがない シーズン中の連続9奪三振の記録は
対南海戦。   その中に野村克也の名前もある。


そんな梶本さんの訃報を聞いたのは23日、出張先の上海のホテル
だった。  幸い、24日の飛行機で帰国予定だったので24日の18時からの
お通夜には行くことができた。

盛大な葬儀だった。  スゴイ偉大な人だったんだなあ〜って思った。

野球場を象った祭壇の真ん中に現役当時の投球シーンのパネルが
飾られていた。   

18時ギリギリに行ったので結構いっぱいでビックリした。
何百人いただろう・・・ 
そりゃそうだよなあ、、 名球会投手だし、葬儀委員長が金田さんだし。
シーズン中でなかったらもっと多くの方が来られてただろうなあ。

僕は野球関係者と間違われたようで野球選手OB集団の中に入れたられた。
後で気付いたが、もう移動できない。  ちょっと肩身狭かったよぉ(汗)

だって、左隣は世界の盗塁王だしその隣は吉田義男さんで、前は門田で、
その前には西本幸雄さんで・・・・  唯一、右隣の鉄腕サブマリン(伊藤)に
親近感を覚えた。  や、彼も立派な選手なのだがさすがにココではオレと
変わらん・・・・ ことないか(^^;

当然焼香もその順番でして、みんなデカイから肩が当たって・・・・
僕なんかは当然ヨロける訳で、福本さんに「すいません」と言われて
しまったよぉ(汗)

後でオカンに「あんたなんであんな集団の中におったん?」と言われ・・・・

いやいや、後にも先にもあんな盛大な式は初めてだろう。
あれだけ大勢の人におくって貰えて幸せだろうなあ〜と思った。

梶本さん、いろいろ楽しい思い出をありがとう!
それと僕に野球の楽しさを教えてくれてありがとう!
ご冥福をお祈り致します。

安らかに。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 19, 2006

美浜終了!

一番心配してた天気だけど、西の方でエライことに
なってたみたいだね。

奇跡的に天気は持ったよ。
やっぱ日頃の行いだな(笑)

いやいや、でもほんとに良かった・・・・

イベントも楽しかった。
いろいろと至らんところもあったと思うけど、スタップ一同
頑張ったよ。  サポートしてくれた人達、ほんとにありがとう!
こーゆー時に手伝うよ!って言ってくれる人はほんとに
ありがたい。

お陰で大きな事故やトラブル無しにイベント自体成功させる
ことができた。

今回は自分の走りに関してはダメダメだったけど、
いっぱいいっぱい。  まあ、これでいいのだ。

じゃんけん大会も盛り上がった(?)しね。

シャンパンファイトも見ていて楽しかった。

みんな楽しんでくれたかな?
写真はありません、ハイ。 
1枚も撮ってないよ。 
誰かちょーだい。

次回は最終戦で毎度の伊那で主催はB's。
もちろん、行くよ!!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 15, 2006

メッシュCAP

間に合った・・・・・

さっき、神戸港まで取りに行ったがな(笑)

060915_18300001

で、コレ、デルタに見える?????
見えるか、、 見える見える!!
見えるぞーーー!!

オイ、見えるって言え!!!

まあ、文句言う奴は多分この絵を見てどこのステージの
どのシーンかも分かる程の連中だな(笑)

週末のデルタカップにエントリーしてくれたみなさんに
プレゼントなのだ。  

今年は去年と違ってメッシュタイプ。
ツバ先のほころびはダメージ加工と言って不良品では
ありません。  オジサン達が多いから「破れてるでぇ〜」と
クレーム付くだろうなあ・・・

まあ、いっか。
いいよね!

今回は多めに作ってるのでエントリーできなかった人で
欲しい人は販売します。   1個500円なり〜

| | Comments (7) | TrackBack (0)

September 07, 2006

デルタカップ美浜!!

みなさ〜ん!  来週末はデルタカップですよぉ〜!

そうです、9/17(日)はデルタカップin美浜なのだ。
美浜ってどこ? 愛知県だよー。

去年、主催の一角を任されて、その流れで今年も世話役なのだ。
まあ、好きだからいいんだけどね。

で、順調にエントリーが増えてきて今日の時点で既に40台。
駆け込みも含めると今年も50台以上にはなるんだろうなあと。

で、僕も走るので先日の夜の中島の時にNakkanさんから
指摘のあったライトの球切れを直すべくデルタに乗りたいと
言う息子を連れてサンシャインワーフのスーパーオートバックス
に先週末に行った。

エアコン無いのに息子は助手席で汗だくになりながら熟睡
してたので屋根のある立体駐車場の片隅で、写真のように
風通しのよい環境を作って息子の安眠の手伝いを(笑)

060902_17530001

僕は缶コーヒーを買って息子の寝顔を見ながら休憩。
で、ライトのバルブを外してみると切れてないみたいだ。
再度取り付けてライトオン・・・・  点くやん。

すると怪しいサラリーマン風の人が歩いてくるではありませんか。

なんだなんだ?

怪 『カッコイイっすね』
オレ『ああ、ありがとう』
怪 『お金かかってますねえ〜』
オレ『そうでもないっすよ』
怪 『いやいや、ここまでやろうと思ったら・・・』
オレ『まあ、長く乗ってますし』
怪 『ところで、確かあべさんですよね?』
オレ『は? そうですが、、、、』
怪 『やっぱり! 以前中島PAに行った時に、、 赤いEVO2で、、』
オレ『あ〜、、、 いつ頃の話ですかねえ、、』
怪 『5年以上前に1度だけ・・・』

そんなん分かるか!!
記憶力抜群のオレでもさすがに中島の一見さんは分からん。
しかも赤エボなんて(笑)。。
しかし相手はオレの名前まで覚えていた。
怖いなあ・・・・

先日も知らないデルタ乗りから
「もしかして、あの『あべちゃん』さんですか!!??」
なんて言われたりした(笑)
どんなオレなんだ??

しかしまあなんですなあ、こっそり書いていたこのK's CAFEも
いつの間にかアクセス数ものべ30000を越えてるし。

きっと知らない人もいっぱい見てるんだろうなあ〜と・・・

ってことで話は戻りますが、デルタカップです。
今回はドノーマルクラスなんてのも独断と偏見で作ろうかな?
とか思ってます。  やっぱ特別賞とか作りたいしね。

どしどし参加しましょう!!

| | Comments (7) | TrackBack (0)

September 06, 2006

マルティニ

060902_12490001

週末は家族と過ごす主義である(ウソ)

いやいや、遊び回ってはいるがサービスは怠らない(コレ重要)。
なんか先日もこんなことを友人相手に力説してたような・・・

だから僕には休日と言うものは存在しない。

この日も普段通りに起床、子供と遊んで昼前にはカフェでランチを
する為に家を出る。  

相棒がキッチン雑貨で欲しいものがあるとのことなので西宮浜にある
『PUNTO』と言う雑貨屋に行った。

060902_12590001

いろんなものが売ってて、それなりにオシャレで僕も好きな店である。
で、とにかく空いてるのだ。

場所が場所で、隣接してた人気のカフェが撤退してさらに寂しい状態に。

でも無くならない。   なんでだろ?
その日も土曜の昼だと言うのに客はオレ達だけだ。
きっと社長の道楽なんだろなあ〜。

集めてきている雑貨も社長の趣味を思わせるものが多い。
車は何に乗ってはる人なんだろう・・・・

デルタのスポンサーだったことで僕等の間では有名な
マルティニのグッズも多い。

気に入った物をちょっと携帯で写真撮ってきました。

060902_12480001

コレはスチールトレーと同じ絵のステッカー。

060902_12460001

程よい大きさのポスターを額装したものだ。
絵がとてもいい感じで、色も綺麗だ。
欲しいなあ〜

060902_12520001

これは1メートルを越える大型ポスターの同じく額装モノ。
いいねえ〜、、、 
やっぱイタリア物は色使いがいいね。
ちょっと買いそうになったのでした(笑)

最近ちょっと仲間内で話題のコーヒーも揃っている。

060902_12550001

この店、メインはイタリアンな家具なのだが値段も強気で
売れてるか売れてないのか・・・・

それでも微妙に商品が入れ替わっているところを見ると
客は付いてるのかな・・・

まあたまに行くと楽しい店なのだ。
でも遠方からわざわざ来る価値は・・・ 
価値観の問題ですね。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

September 04, 2006

カウンタック

ケーブルテレビで『サーキットの狼』っていう番組がある。

言わずと知れた不朽の名作である。
アニメでも実写でもなく、その作品の中で登場した
スーパーカーを毎回1台取り上げて作者とゲストで
実車を前にして様々なトークを繰り広げると言う番組だ。

なかなか面白い。

今回はランボルギーニ・カウンタック。

Lamborghini_countach_lp500s

スーパーカーの王様だ。

ゲストは最近流行のマンガ『カウンタック』(ヤングジャンプ連載)
の作者の梅澤春人だ。

Ct49

【『カウンタック』のストーリー】
何ヶ月もかけて口説いたアパレル系OLにアッサリ振られた空山瞬。
仕事も私生活も上手くいかなく自暴自棄になっていた瞬の元にある日
一通の手紙が来る。
送り先は・・・25年前の自分。その内容は25年後の、今現在の自分へ
宛てた手紙だった。
「社長になり、当時の夢であったカウンタックを購入して乗り回している」
そんな純粋だった頃の自分の夢をもう一度変えようと瞬は奔走する!
もう一度、あの頃夢中になっていたカウンタックを手に入れる為に!!
しかし現実は甘くなかった。
資金が全く手に届かず途方にくれていた瞬は、「カウンタックを譲ります」
というHPを見つける・・・


まあ機会があれば一度目を通してみてもいいかも。
僕もちらっとしか見ていないのでまた読んでみたいなあと。

そんな梅澤さんのカウンタックへの思いを語る。
番組後半には試乗とかあってスーパーカー世代の僕は結構
真剣に見入っていた。

で、僕以上に見入っていたのが息子でして(笑)
番組の最後にスーパーカーのクッションプレゼントの応募要項が
流れたのだが、それを見て「欲しい!!!」と。

しゃーないのでハガキに必要事項を書いて、番組への感想だけを
息子に書かせた。

4歳だが最近は字を覚えて書く事が好きなので喜んで書き始めた
のだが・・・・・

『スーパーカーがだいすきです』と書きたいようだがこれではハガキが
何枚あっても足らないよなあ(笑)

060902_09480001

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »