« November 2008 | Main | January 2009 »

December 31, 2008

あけましておめでとうございます!

676867527_139

昨年はみなさんどうでしたか?

個人的にはいろいろありましたが、まだまだ頑張っていきたいと思います。

で、恒例の「新年、明けまして中島」ってことで今年も年始にデルタのオフ会を
したいと思います。

オフ会初参加の人も気兼ねなく参加してください。

デルタの素晴らしさを年始から語り合いましょう!

日時:1月4日(日) 午前9時頃~13時頃まで(適当に集まって適当に解散)
場所:阪神高速5号湾岸線 中島P.A.

ゆる〜い集まりなので、お気軽に〜

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 24, 2008

ETCC最終戦はクラス3位表彰台!

Rimg0011

いやいや、行ってきましたよ、クリスマスイヴイヴの岡山国際サーキット。
いつもなら完全にオフシーズンでマイホームパパな時期なのですが、
今年はわがままを言って(というか、勢いで)参戦しました。

先日のユーロカップ最終戦が原因不明のジャダーでリタイアだったのですが、
その後、ローター研磨、アッパーマウントの補強(割れてたのよ(汗))等々、、

これでちゃんと走れるのか?ってのを引きずったまま年を越して新たなシーズンを
むかえるってのが気持ち悪くて・・・

で、結果、まあいろいろあったんですが、行って良かったです。

Ca3b0030

ちぇざ〜れ氏の155Q4とのツーショット。
デルタは僕1台だったけど、アルファロメオチャレンジの方で数名の友人が
関東から参戦してたので、前夜はロッジに泊まり込み楽しい宴会ができました。
アルファ乗りの友人も出来たのでこのイベントにも参加しやすくなったなあ〜と。

デルタのチームでこの時期に付き合ってくれそうな人は主治医くらいなのですが、
仕事が年末進行中のようで、ここは無理に遊びに付き合わせることも出来ないと
判断して一人での参戦となりました(だから抜け駆けでは無い)。

ETCCはその名の通り、ユーロ車の混走なんですが、今回のエントリー台数は
なんと38台! デルタは1台だけで同クラスのライバル車はロータスエリーゼや
BMWのM3、そしてトミーカイラ等。

まあ今回は車の状態の確認と、ベストラップ更新が主な目的なので、熱くなって
バトルで車を壊すなんてことの無いようにと挑みました。

予選でいきなり38台エントリーの壁にぶち当たります。 クリアどころか普通に
走ることも出来ない。 いつもデルタ同士で走っているので、大体ラインも似て
いるし、過減速のポイントも似ている。 適当に付いて行ってもそれなりのタイム
が出たりするのだが、今回はそれと全く勝手が違ったので最後まで攻めきれずに
予選終了となりました。

それと、心配だったブレーキング時のジャダーが3ラップ目あたりからまた出始め、
それもあって予選後半は進入に気を使っての走行しかできませんでした。

ピットに帰ってタイヤを外し、パッドを確認すると電車のブレーキのような臭い。
他クラスで東京から参戦している友人が「フェードしてる臭いじゃね?」とか
言うので、効き過ぎるからと外したレーシングパッドにとりあえず戻して決勝を
戦うことにした。

ただ、この時点では少しでもおかしかったら潔くリタイアしようと心に誓ったの
でした。

それでも予選のタイムは前回8月に記録した自己ベスト1'55.8を上回る
1'55秒フラットで、ちょっとびっくり。 前回は夏の暑い時期だっただけに
真冬のデルタ恐るべし!!を感じたと共に秋に導入したGT-RSタービンがこの
サーキットにはドンピシャで決まったのがタイムに繋がったのだと思う。

決勝ではあと1〜2秒は詰めれるはず。 今回のレース形式は6ラップX2の
2ヒート制。 2ヒート目は1ヒート目の順位で総合8位までをリバース
グリッドでの戦いだ(怖) でもやってる方は燃えるよね。

さて、決勝1ヒート目。

どうもクラッチに違和感が残る中、スタートは大失敗(涙)
スタートでターボ4駆の強みで2列アップを目論んでいただけにショック大。
結局順位はそのままで1コーナーの混戦へ。

それでも何台かパスして、、、 何台かにパスされて、、、、

終わってみると予選8位の決勝9位(クラス3位)で1ヒート目を終えたのでした。

心配だったブレーキング時のジャダーは全く出ず、原因はDIXELのZタイプのパッドが
フェードして起きていたと言うことが判明。 所詮スポーツパッドはサーキットでは
ダメなんだなと、勉強になりました。  でも2周は持ちますよ(笑)
サーキット走るならRタイプってのがラインナップされているのでそっちなら大丈夫
なんでしょうねえ・・・

まあそれにしてもETCC恐るべし!ってか、みんな草レースなのにめちゃめちゃ熱く
なってて・・・ ストレートで幅寄せを食らって芝生に追い出されたり・・・・
もうちょっと優しくレースしようよ、、、なんてちょっと気分が萎えちゃって、
後半は前も後ろもいなくなったので流してチェッカーを受けました。

それでも前半はBMWのM3やエリーゼ、良く分からんハッチバックの車等とのバトル
で結構必死に走ったのでタイムは2ラップ目に1'52.781を記録。
もうこの時点で今回の目標はクリアしたので2ヒート目のレースの欠場を考えたの
でした(笑)

それでもその場にいた他クラスの友人達が「走れ!」と言うので、走ったさ。

1ヒート目の順位が9位。 8位までがリバースグリッドなのでもし間違って
8位なんぞになっていたらポールポジションにされていたのを考えるとちょっと
恐ろしかったりして・・・

2ヒート目、スタートはまたもや気合いを入れ過ぎて大失敗(涙)

1ヒート目よりも皆熱く混戦、、、 でもって意味の分からない急ブレーキとか
コースアウト寸前でフラつく車等、1周目から100%全開の戦いだ。

1ヒート目は引いたけど、今度はそこそこ行ったるで〜!!と、思っていたの
だが、この惨状を見てまたもやちょっと後方に下がって静観。

3ラップ目くらいから順位も落ち着いて全開モードに。

前を走るBMWのE36M3のGTウイングをめがけて懸命にアクセルを踏んだ。

気温は10度以下、過給器付きのマシンには最高の季節。 M3と直線スピードは
ほぼ互角だった。 後ろを走りながら、もしかして行けるのか??
抜いちゃう? M3・・・ 
相手は明らかにコーナリングスピードが落ちてきていて(タイヤキツかったんかな?)
ダブルヘアピンの2個目でインを付いてそのまま最終コーナーまで必至に
アクセルを踏んで前に出た。

ストレートで追いすがって来たけど、この季節のデルタは速い!!
そのままチェッカーを受けた。

ブースト上げたらピストン溶けるとか壊れるとか言うけど、常時1.2bar(EVC5制御)
でストレートではきっちり7000回転まで回し、排気温度はMAXで800度。
もうちょっと薄くできるくらいのマージンがある。

まだパワー上げれるぞ、この車!!

2ヒート目決勝でのベストラップはこの日最高の1'52.656だった。

ほんの4〜5年前なら2分を切るってのがデルタのターゲットタイムだったが
この数年でこれだけ進化した。 僕のタイムは暫定ではあるが岡山国際での
デルタベストラップだけど、おそらく来年早々に塗り替えられることだろう。

15年落ちのこの車のポテンシャルはまだまだ残っている。

恐るべし戦闘マシン、ランチア・デルタである。

Ca3b0034

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 08, 2008

仲間

Rimg0010

今年も行ってきましたレース仲間の忘年会、1泊2日の伊勢志摩旅行!

恒例となったこの忘年会旅行も今年で3回目、ほんとに楽しい旅行でした。

この日、旨い酒が飲めるかはこの1年の成績にかかっているのですが、
昨年は最高の年だったのに、今年は惨敗・・・・
なんとも苦い酒となりました。

とは言え、今回総勢23名の大忘年会旅行が楽しく無い訳が無く、個人的にも
声が枯れる程におおいに騒いで飲んで食べて・・・気が付けば10時間も
飲み続けるというような状態(汗)

恒例のプレゼント交換も笑いあり、笑いあり、笑いありで、ほんとに楽しかった。

みんな良い歳なのにやってることは学生の時となにも変わっていない。
こんな環境の中にいる自分は幸せだなあ〜と思う訳で。

それとこのメンバー、みんなほんとにいい奴ばかりで、人間の嫌な部分を全く
感じることのない人間達なのだ。 
これは今まででもあまり経験は無く、一生ものの友人達だなあ〜と思う。 

いつまで続くか分からないけど、この関係を少しでも長く続けたいなあ〜と思う。 
気が付けばみんな、じーちゃん、ばーちゃんになってた、なんてのが良いなあ〜

Rimg0009

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 01, 2008

フローティングローターの研磨

Uni011

先日の日記でローターの歪みからくるジャダーについて、研磨して様子を
見ると言ったのですが、これがとんでもなく長い道のりで・・・

まず、お世話になっているショップを通じて研磨屋さんに聞いてもらった。

結果、フローティングローターは×(汗)

このブレーキキットの出所に聞いてもらうも、「新しいのを買って下さい」
とのこと(涙)

半分諦めモードでネット等を駆使して調べ上げる・・・

結果、ほとんどの研磨屋さんはスリットが入ってるだけでも×というような
状況。 ましてや2ピースなんて・・・・

諦めかけた時に1件のプロショップのブログ記事がヒットした。

ローター研磨サービスやってますとのこと。
画像を見ると、なんと2ピースではないですか!!

で、そのお店、アルファロメオでは関西随一とも言われているユニコルセ様
ではないですか!

恐る恐るメールで問い合わせるも、すぐに『OK』の返事が来た。

ユニコルセエンジニアリングは豊中で僕の住む西宮からでも30分程。
行く前に電話をくれとのことだったので、電話をしてからいざ潜入(笑)

ドキドキしながら店に入って行きましたよ・・

するととても感じの良いメカの方が、早速ローター見て・・・・

え? ダメっすか??

いやいや、僕のローターですが、フローティング部分のガタが大きいようで、、、
「できるかなあ?」とのことだったのですが、「ダメもとでお願いします!」と
言うと快諾して下さいました。

結果、この通り!

Dr011

いろいろと裏技を使いつつ、なんとか作業してくれたようで、ほんと感謝感謝で
あります。

ユニコルセって、もっと敷居の高い怖〜いショップだと思ってましたが、とても
感じの良い素晴らしいショップでした。

しかもこのローターの研磨が2枚で7000円程。

なんか申し訳ないので何か他にアクセサリーでも・・・ と思ったら、ショーケース
の中に素敵なABCペダルを発見!

Pd011

コレ、丁度良いものを探していたところで・・・

しかもほんとカーボンが良いなあ〜と思っていた訳で・・・

作りも僕が今まで見たペダルの中でもダントツに素晴らしい。
ペラペラのカーボンのやつは以前に使ったことがあったのですが、これはほんと
しっかりした作りで、特殊な滑り止め加工もなされていて文句無し。

Pd021

ひょんなことからお邪魔させて頂いたショップさんですが、事務所では常連さん
が楽しそうに歓談していたり、とても感じの良いショップでした。

また何かあれば声を掛けさせて頂きたいと思います。

#あ、ステッカーとかあれば欲しかったかも。


有限会社 ユニコルセ エンジニアリング 
〒561-0894 大阪府豊中市勝部1-1-46-102
TEL:06-4865-4774
FAX:06-4865-4775
URL: http://www.unicorse.co.jp/

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« November 2008 | Main | January 2009 »