« February 2009 | Main | April 2009 »

March 24, 2009

関東からの刺客

Bl01_2

別に刺客ではないかなあ(笑)

先週の3連休の初日に東京のデルタ乗りが四国に行くとの連絡をもらったのが
その数日前。

細かな予定表を作成するL氏は、夜中の12時に八王子I.Cから中央道に乗り、
そのまま名神ー山陽と乗り継いで瀬戸大橋を渡り、四国、高知は土佐まで
行って、そのまま淡路島を経由して神戸入り、伊丹に確保したホテルに
チェックインした後に、電車で梅田に出る。 それが19:30と予定表には
記載されていた。

こんな予定通り行くんかな?? と、思いつつも19:45から梅田は茶屋町の
キッチンスタジアムに予約を入れる。

その心配をよそに、19:30に梅田に現れた。

いやいや、すべて予定通りだったようで(汗)

とりあえず店に入り、イタリアワインを開けて話を聞いた。 旅の話から
デルタの話、その他いろいろ話しているうちにあっという間にお開きの時間。
それにしてもこのL氏の行動力には驚きだ。 

僕も以前はデルタ乗りの中でも有名なロングツーリンガーだったので、この話に
刺激されたのは言うまでもない。 結婚して子供が出来て、自分の時間が減った
のを言い訳に、そんなドライブから遠ざかっていた。 東北は岩手まで、デルタの
オフ会に参加した頃を思い出した。

今回はそんなL氏のデルタに同乗で参加した兵がもう一人、こちらもデルタ乗り
なんだけど、なんと女性でした(驚)

その女性、埼玉でモータリスト・カフェを趣味で営んでいるらしく、週末には
デルタ乗りだけでなく車好きが集まってくると言う。 なんとも羨ましいその
カフェの名前はLingotto。 名付け親もまた別のデルタ乗りだとか・・・

Lingotto

そんな彼女の話も楽しく、ほんとにあっと言う間の宴となりました。
さらに驚くことに、彼女は翌日仕事とのことで、その日の22:45の夜行バスで
東京に帰ると言うのだ(汗)

こんなハードな旅を楽しくできるこの人達はいったい何なんだろう??

なんて思いながらの帰宅でした。
Lさん、お土産ありがとう!! しっかり冷やして頂きます!!

最近ではレーシングチームの忘年会くらいしかツーリングというのも無い。
オフ会も正月の中島くらいなので、もうちょっといろいろと企画しても良い
かな?なんて思った。 1998年の秋に瑞浪で初めて実現した合同オフ。
翌年には夏の長野に60台以上を集めたあの伝説のデルタオフ。
その後、毎年開催するも2004年、第7回合同オフをもって終了となりました。

この頃からデルタカップもシリーズ化して、オフ会の音頭取りメンバー達も
サーキットに出向くようになったのが合同オフが無くなった大きな要因だった
のかな?と思います。

最後の合同オフから5年、僕自身、主催者として神戸で開催したのは良い思い出
となっていますが、また新しいデルタ乗りも増えたことだし、高速道路も1000円
になることだし、近々合同オフでもやりましょうか?

ほんとに近いうちに長野とか、静岡とか、その辺でオフ会、開催できれば良いです
ねえ〜。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 16, 2009

2009開幕戦は・・・・

気温も低く、天気も最高でした。

予選は午前中の早い時間だったので、しっかりタイヤを温めないとダメだなあ〜
なんて思いながら準備していたのですが、この日は他のカテゴリーでの赤旗が
多く、タイスケが1時間近く遅れるというこの大会にしては珍しい幕開けと
なりました。

そんなこんなで最初に準備してから随分と待たされた訳ですが、再度気合いを
入れ直して予選アタックであります。

車はまだまだやりたいことはあるのですが、昨年1年間で煮詰めたマシンは
それなりのマシンになってる訳で、パワーも十分、後はテクニックが付いて
こればまだまだタイムアップできると信じていた訳ですが、コースインして
2周目にいきなり34秒台が出たので、今日はもしかしてベストを更新できる
かな? なんて思いながら3周目、ブレーキングに重点をおいて挑んだ結果、
なんとベストを1秒以上縮める1'33.194が出ました。

ここで欲が出たんでしょうねえ・・・

33秒台出たらいいなあ〜って思っていただけなのに、こんなタイム出たらあと
ちょっとで32秒台!! なんて思う訳で・・・

結果、S字でアンダー出したり、最終でアンダー出したり、気合い入れ過ぎると
ダメなんですよね。 それでも33秒台はコンスタントに刻めたので良しと
しました。

結局この3周目のタイムがベストで予選を終えることに。 

そして決勝。

息子達も応援に駆けつけ、「パパ頑張ってね!!」と。

090315

以上、開幕戦参戦記でした。














なんてね。

ああ、さい先の良い出だしで、3番グリッド、2番グリッドの車はエンジン
トラブルでリタイアと、表彰台のチャンスだったのになあ・・・

結果は人生で最も短いレースでした。

オープニングラップのバックストレートエンドでちょっとした接触。
その勢いでサンドトラップへ・・・

凹んだフェンダーを確認して、タイヤバリアの後ろでレースを観戦した。
一人で観戦しながら、気持ちを落ち着けることができた。 
いやほんと、赤旗出さなくて良かった。

レース終了後、自力で脱出してピットに戻り、軽傷と分かり胸を撫で下ろした。
接触した相手は10年来のデルタ乗りの友人でありチームメイトだったので、
「まあこんなこともあるよ」ってことでお互い納得した。

それにしても今回も接触、やっぱ何が原因かは気になる所だが、今と
なっては回避する術も思い浮かぶがその時の一瞬の間にそれを実行できる
草レーサーがどのくらいいるんだろう・・・

草レーサーとしてはやはりそれなりの安全マージンを取って走らなければ
ならないと、深く反省するとともに、歯止めの効かないこのタイムアップ
競争に正直腕が付いて行っていないような気がする。

マシンのチューンアップも大事だが、練習走行も必要なレベルに来ている
ように思える。

レース終了後、息子とコースが一望できる高台に登り、この日のメインレースの
BMWチャンピオンレースを見た。

このレースに出ている人達の中にはセミプロもいるくらい、レベルが高い。
マシンは違えど、レースの組み立てや、ライン、ポジション取り、抜き方等
参考になるのだ。

サイドバイサイドでコーナーを駆け抜けるなんて当たり前のこのレース。
見応えあったなあ・・・

遅い車が早い車を抑える戦略とか、抜く時の戦略とか、抜いた後の走り方とか
デルタでサーキット走り始めて今年で11年目になるけどようやくその辺が
見えて来た。

ブリーフィングの後で、でゲストのGTドライバーの田中哲也さんに話してもらった
サーキット走行でのブレーキングの重要性、勉強になったなあ・・・

なんとなく、昨年末の岡山国際辺りから自分なりに試している走りがあるん
だけど、ちょっとずつ実行できるようになってきた。 
でもやっぱりブレーキングがポイントなんだよねえ。 

田中さんの話を効いて、せっかく強力なブレーキ付けてるんだから、もっと
思い切って踏んでみようと思った。

次回、また一つ成長した走りが出来るように、まずは板金です(汗)

Rimg0168

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 10, 2009

今週末は開幕戦ですよ。

毎年のことながらこの時期はアパレル業界は繁盛期なのだ。
現物の生産に追われ、秋冬物の提案から展示会への流れが一気にこの時期に
流れてくる訳で・・・

当然生産拠点が海外という割合が増える今日では海外へ飛ぶ回数も増える訳で、、

そんな中、気付けばK's CAFE的カーライフの今シーズンを占う上でも重要な
今期開幕戦が、なんと今週末ではないですか!?

例のクラッチトラブルはなんとか完治(?)したのか、現在様子見状態。
再発しないことを願うのだが、その他問題が山積みだ。

まず第一に、モチベーションが上がってこない(汗)

これ、一番重要なことで、あれこれやりたいことなどの構想は多々あるが、
実現出来たことは補強の部分だけ。 それも完璧では無く、8割がたと言う
感じだ。

パワーアップやセッティング関連も、構想はあるのだが未だ手を付けれて
いない。

タイヤも昨年の秋からの持ち越しだ。

まったくもって08スペックでの開幕だ。 
09スペックで走れるのは夏頃かな?

なんて、唯一のんびりできる時間(フライトの間)にいろいろ考えて・・

写真はそののんびりできる機内(深圳ー上海の上空)からのショット。
先週はずっと大陸でした。 

飛行機乗る時は必ず窓側を希望します。
だって、こんな幻想的な夕焼けが疲れを癒してくれるんだから。

Rimg01441

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« February 2009 | Main | April 2009 »